小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:反省房からこんにちは
ヒラマツ・ミノルさんのバレーボール漫画「ヨリが跳ぶ」がオススメです。
天然ボケの巨大女子高生、大久保ヨリが実業団からVリーグのエースになるまでを描いた作品。

作者のヒラマツミノルさんは躍動感のある絵柄にサッパリした性格の主人公、独特なギャグと、これぞスポーツ漫画!って作品を数多く描いています。
投稿者:ぐしなおき改めみかつきなお
80〜90年代を代表する?スポーツラブコメ、「YAWARA!」を推薦します。
とにかく、リアルタイムによんでいたので、スポーツ漫画はこの読み手とのスピード感で感動が変わってくると思います。
弱小柔道部が勝ち進んでいくスポーツ漫画の要素、そして松田君とライバル風祭君との対比でみるラブコメな要素。
とにかく松田君がおそい!ぎりぎり!で、たとえ旧ユーゴスラビアであろうとも猪熊柔の元にたどりつくあたりがとても胸にぐっときます。
名作です。 スポーツ少女でありながら普通のおとなしいたたずまいの猪熊柔は永遠のアイドルです。 松田君はヒーローです。
でも、 柔道に無差別級がなくなったこと、そして
 現実の「ヤワラちゃん」がでてきたことで、作品になにか影響はなかったかなと思います。作者の心中は複雑かもしれないですね。
 漫画は漫画で、私は名作とおもいます。
 ちなみにもうひとつ 「拳児」もよかったと一言。アクションでも妖術でもない本物の武術漫画でした。
投稿者:ぐしなおき改めみかつきなお
 80〜90年代を代表する?スポーツラブコメ、「YAWARA!」を推薦します。
とにかく、リアルタイムによんでいたので、スポーツ漫画はこの読み手とのスピード感で感動が変わってくると思います。
弱小柔道部が勝ち進んでいくスポーツ漫画の要素、そして松田君とライバル風祭君との対比でみるラブコメな要素。
とにかく松田君がおそい!ぎりぎり!で、たとえ旧ユーゴスラビアであろうとも猪熊柔の元にたどりつくあたりがとても胸にぐっときます。
名作です。 スポーツ少女でありながら普通のおとなしいたたずまいの猪熊柔は永遠のアイドルです。 松田君はヒーローです。
 しかし、柔道に無差別級がなくなったこと、そして
 現実の「ヤワラちゃん」がでてきたことが作品に影響があったかもしれない。 当時の作者の心中は複雑だったと思います。
 漫画は漫画で、私は名作とおもいます。
 ちなみにもうひとつ 「拳児」もよかったと一言。アクションでも妖術でもない本物の武術漫画でした。

投稿者:ロシアンルーレッタ
「キン肉マン」はスポーツ漫画に入りますか?

小学生時代、あんなに心酔していたのに、今振り返って「キン肉マン」で覚えたことと言えば、吉野家の牛丼が上手くて早くて安いことだけです。
もっとなにか友情とか情熱とかもあったはずなのに全部忘れてしまったのは、なぜなんだろう。
投稿者:サスケ
世代にもよるだろうが、「タッチ」の南ちゃんの存在により、女子の新体操にただならぬ関心を持っていた学生時代を過ごした男子は俺だけじゃないはずだ。
投稿者:チョコレートばかりを
スポ根とは違うかもしれませんが・・・
スポーツがあまり好きじゃない私が唯一
所有している
「スポーツを舞台とした漫画」は、なかいま強さんの「わたるがぴゅん!」です。
月刊誌20年の連載で全58巻なのですが、物語上の経過時間が「ひと夏」という事実に長谷川町子もビックリです。

あと印象に残っているスポーツものは
小山ゆうさんのボクシング漫画「がんばれ元気」です。

当時、幼稚園生くらいだったので、正直いって内容はイマイチ覚えていないのですが
爽やかなオープニング曲と元気くんの笑顔、
さらけ出しの上半身はしっかり覚えており
近所の布団屋のウィンドウに飾られていた「がんばれ元気」のマクラカバーを
「買って〜買って〜」と母にねだった記憶があります。
投稿者:ミサ
中学の時の「キャプつば」ブームで、後戻りできない道を歩むことになりました。
あの頃には、自分の大好きなキャラ別でクラスに派閥が出来た記憶が。

自作小説やノートに書いた漫画など、キャプつばを栄養にした妄想の産物を、クラスの友達に回覧させていた過去を消滅させたいです。
これのせいで同窓会に一度も行けてません。

もちろん、大学で大阪に進学してからは、同人サークルでもキャプつばオンリーの道に進みました。

今の旦那と結婚する直前に、コレクションの同人誌を一挙に売り飛ばしたことを激しく後悔しています。
投稿者:部長の嫁の彼
彼女が「テニスの王子様」に心を奪われて早数年。
自分とデートしている時に、うっかりテニプリに繋がるような話題になると、そこからが大変です。
自分の彼氏とデートの時に「部長と結婚したい」という彼女とかってアリなんですか?

おかげさまで、まったく本編を読んだこともないのにテニプリのいらぬ知識やエピソードだけは習得済みです。

数多くの女子がテニプリから抜けられないままでいるということは、おそらく、僕と同じ思いをしている男性も少なくないということでしょう。

そんな僕達にとって、テニプリどころかテニスが鬼門です。

「大好きなスポーツ漫画」ではなく「鬼門なスポーツ漫画」の投稿となってしまいました。
すみません。
AutoPage最新お知らせ