小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:*みぅ*
アニメの「魍魎の匣」見てました(*^^*)夜中だったのでちょっとつらかった(~~)。
もとが小説?だったようですがそれを知らないで見たのでした。
けっこう登場人物多くてよくわからない事もありましたけど、話は面白かったなーって思いだしました(*^^*)
投稿者:GON松本
いつも放送ポッドキャストで聴いてます。
詳しいわけではないのですが、今まで読んだそのジャンルで印象に残ったのが「黒い夏」でした。ミステリーというかホラーというか、なんだかとっ〜ても後味が悪かったのを覚えてます。でも、事件を起こす人ってこんな感じなのかな〜とか思いました。日本だと森博の小説を読んだことがあります。ゲームは「アナザーコード」やったことあります。これはすごいミステリーでもないのですがやりやすいゲームでした。
投稿者:ケロヨン
僕は姉に進められて読み始めたのが東野圭吾でした。作品は全部呼んでいませんが、とっても面白いです。その中でも僕は「秘密」をおすすめしたいです。たしか映画化もされてたかもしれません。読後感は、僕は結構つらかった。でも凄く印象に残りました。もしかしたらミステリーというより家族愛を探る本かもしれない。
投稿者:猫丸
多分お二人と同世代なのですが、ミステリーというか、ミステリーっぽさも兼ね備えた「パタリロ!」が好きでした。あの漫画、本当に奥が深くて大好きです。サイコメトラーEIJIも大好きでした。最近のはなんだかスピードが早い感じがして、あまりマンガを呼んでません。
投稿者:keita
僕はミステリーはよく知らないのですが、友達が「ひぐらくの鳴く頃に」が大好きでそれで知りました。アニメからみたのですが、あんなにかわいい絵柄なのに、展開がすごくてびっくりしました。
投稿者:ハイサイ
夏のお奨めゲームと言ったら『サイレントヒル』シリーズでしょ!
えっ!ホラーじゃないかって?
いやいや、謎を解きつつ進めて行くゲームシステムはミステリーも含まれているでしょ(少し強引ですかねw)
ゲーム『サイレントヒル』シリーズのファンである、映画『サイレントヒル』のクリストフ・ガンズ監督曰く
「これほど怖くて泣けるゲームが他にあるかい?」
「これは、たぐいまれなるゲームだよ」と絶賛しています。
後、ガンズ監督が言い忘れている事が1つ。隠しエンディングが笑える事!
恐怖におののき、ある条件をクリアしたら見れるUFOエンディングに、今まで体験した事とのギャップに唖然とするか爆笑もんです!
特に『サイレントヒル3』のUFOエンディングは、サウンド・音楽担当の山岡晃氏が歌う「さいれんとひるの歌」が抱腹絶倒で、聴いたらしばらくは頭の中でヘビーローテーションされる事請け合いです!
このゲームにハマったら、あなたはサイレントヒルから逃げられない!

追伸
映画の『サイレントヒル:リべレーション3D』シネマQで上映される事が決まったそうですよ。

http://blogs.dion.ne.jp/shtm/
AutoPage最新お知らせ