小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:春風
どのジャンルでコメントするかひっじょーに悩みますが・・
十二国記や銀英伝がすでに出されてらっしゃるので、ここはあえての懐かしのラノベで!!


私の世代がハマった小説といえば、コバルト文庫、講談社X文庫―ティーンズハート、電撃文庫などなど外せないものばかり!

コバルト文庫↓
氷室冴子『なんて素敵にジャパネスク』シリーズに、『銀の海 金の大地』シリーズ。
若木 未生「ハイスクール・オーラバスターシリーズ」
榎木 洋子「リダーロイスシリーズ」「龍と魔法使いシリーズ」
今野緒雪「夢の宮シリーズ」(ちなみに、マリア様が見てる、の方です)
名作なのに読んでないのが申し訳ないのですが、桑原水菜『炎の蜃気楼』シリーズ。

また、講談社X文庫―ティーンズハートなら
皆川ゆか「運命のタロット」シリーズ←これでタロットカードにハマった人も多いハズ!
折原みと「アナトゥール星伝」シリーズ

ホワイトハートはローマ帝国やギリシャ時代の歴史を絡めた小説も揃っていて書ききれません…!

さらに電撃文庫「キノの旅」や「ブギーポップ」、富士見ファンタジア文庫の「風の大陸」や「魔術師オーフェン」、スニーカー文庫の「されど罪人は竜と踊る」は暗黒ライトノベルという新たなジャンルを確立しました。

アラサー世代にとって、ライトノベルは青春そのもの。今の私を形作った半分といっても過言ではありません。

今回どういった小説のお話がでてくるのか大変楽しみです!
投稿者:にびいろ
十二国記の続編、18年ぶりの刊行!とか、銀河英雄伝説の新アニメ、沖縄での上映、ないんか〜い!!とか、FM那覇会長推薦、本好きの下克上がこの秋アニメ放映!!!とか、色々言いたいことはありますが、私が活字中毒者になるきっかけの一つ「幻の女」を紹介させていただきたい。

1942年に発表された作品で、サスペンスの名手と言われたウィリアム・アイリッシュ、別名コーネル・ウールリッチの代表作。妻殺しを疑われた男の死刑執行までに、その無実を晴らそうと、男の親友と、男の愛人が、アリバイを証明できる唯一の存在「幻の女」を探すために奔走する物語。
男の死刑執行までの日数カウントダウンとともに進行する物語は、証拠隠滅の殺人が次々と起こり、焦燥の連続。最後のどんでん返しは……おっと、ここまでにしましょう。

この半年「あな番」にハマった方にオススメしたい、時代を超えた名作です。
ちなみに、かの和田慎二先生が、これを下敷きに作品を描いておられます。
あ、BLの紹介じゃなくて、すみませんw
投稿者:キリント
ソードアートオンライン です。10年前に読んで衝撃を受けました。当時私もオンラインゲームにハマってたので、あのゲームの中に取り込まれていく様が、リアルに恐怖を感じたのをすごく覚えてます。まさかこんなに長く続くシリーズになるとは。予想はしてたけど!
それでも一番おすすめなのは初期のアインクラッドです。冒頭から、ゲームやってる人なら引き込まれると思います。やってない人にもこの引き込まれる感覚わかるかなー?
ただ、私アニメは見てないんですよね。自分の頭の中で完成されたSAOは崩したくないなと思ってます。
投稿者:河童のまーちゃん
映画見て面白そう!と思って読んだら、やっぱり面白かった!て思ったのが湊かなえさんの告白です。面白い、ていう感想はちょっと誤解を招くかな?でも、主人公の気持ちが、小説の方がとても強くわかる感じがしました。ほかの湊かなえさんの小説も色々読んでみようと思いました!
投稿者:showman
僕はミステリーが好きです。なので我孫子武丸さん、綾辻行人さん、伊坂幸太郎さんとか読んでます。一番読んでるのは我孫子さんです。あんなに文章を幅広く書ける人はあまりいない気がします。「殺戮にいたる病」を未読の人は読んでほしい。多分、人を選ぶ作品かもしれませんが、上質のミステリー作品です。最後で、えっ?となります。2回は絶対読み直してしまうことになるでしょう。
投稿者:太郎
正直そんな〜に本読まないわたくしが、とっても読んでた本があります!
ダニエルキースの「24人のビリーミリガン」です!早川書房で表紙違いの何パターンか同名タイトル本ありますが、私の手元にも3パターンの表紙のビリーミリガン本があります(笑)
というか、まあこれ小説というかノンフィクションの話を基に書かれてるんですが、まーほんとーーに面白い。人間の脳の複雑さを知ることになるのですが、難しいことはさておき、話としてもすごく面白いです!これ読む時はメタリカというバンドの曲を聴きながら読む、というマイルールがありまして(笑)世界観にどハマりしますのでおススメ!
投稿者:マーサ
何回読んでも意味わからない、けど読む、というか見ることがくせになってる本は
ロレンススターンの
トリストラムシャンディです。
読み始めたら最後。この本に一生翻弄されます。この本の中に生息している登場人物たちが曲者ばかり、変人ばかり。
これ本当に小説かしら?読んで10年経ちますが、いまだによくわかりません!
なので、私、こういう小説が大好きなんだと思います。(笑)
投稿者:やまりん
「若草物語」を小学一年生の時に読んで、お姉ちゃんや妹に憧れました。私は弟しか兄弟がいなくて、しかも幼稚園児で山猿みたいな男児だったので、一緒に洋服や可愛い物の話をできるお姉ちゃんが欲しかったです。

クリスマスのご馳走で出てくる「チキンのクリーム煮」が美味しそうです、母親に作ってとねだったら、鶏肉入りにクリームシチューが出て来て「こんなんじゃない!!」と本物見たこと無いくせに怒ったりしてしまいました。お母さんごめんなさい。

大人になって改めて読むと、姉妹のことよりも「お母さん、すごく大変だなあ」とか、全く違う視点で物語を読めました。
冬の肌寒さを感じるころになったら、無性に読みたくなる本です。
投稿者:でろん
小学生の頃に「赤毛のアン」読んで、本が好きになって、それから色々読んでます。でも歴史ものは苦手で、書店で話題になったものをいくつか買って読んでます。
今だと杉田沙耶香さんの「コンビニ人間」の空気がすごく好きです。何回も読んでます。主人公の女性は私に似てると思いました。あと羽田さんの「スクラップアンドビルド」。介護とかどうとか、というより、自分よりはるか年上の人間、家族と、どう接していくか、ということをすごく感じました。また来年も話題の本が出てくるのが楽しみです!
AutoPage最新お知らせ