小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:MARIKO
ゲームになりますが、ワンダと巨像のラストは泣いてしまった思い出。私はPS3でやりました。感動した!とかじゃなくて、なんかとっても、黒でも白でもないラストだなと思いました。ワンダがずっとずっとモノのために敵を倒してきたのに、あの最後は本当に、何もいえない気持ちになります。モノはどうなるんだろう。あの赤ちゃんは生まれ変わりなのか。久しぶりに色んなことを思い出しました。素晴らしいゲーム作品だと思います。
投稿者:ハンドボーラー純
「まどかマギカ」です。
まさか最後の最後にこんなすごい展開来ると思っていなくて、文字通り呆然としました。
初見じゃ理解が追いつかなくって、結局3回くらい見直して、やっとちょっと理解できたかなという感じでした。
正直今でも虚淵さんが書いたストーリーをどれだけ自分が拾えているかは分かりませんが、まさかオッサンの自分が魔法少女アニメでここまで泣いてここまで呆然とするとは思っていませんでした。
いまだに、最終話を思い出すと、頭がくらくらしますw
投稿者:サンタさん
色々あるけど、やっぱりエヴァンゲリオンのテレビアニメの最終回です!意味わかんねえwww当時マジでテレビの前で声出ましたwwww結局みんな病んでるアニメだったとしかwあれから相当時間経ってるけど今だに人気あるのすごいって思います!!!
投稿者:太郎
太郎でーす!!!呆然とした最終回、となると実は思い出す漫画があります。たかもちげん先生の「祝福王」です!なんというか、異色だけど真っ直ぐな宗教マンガです!
掲載誌の週刊モーニング、私としてはお馴染みの「課長島耕作」を読むために買ったりしてたのですが、その時期に連載しれてました。とにかく絵がすごい、という事が一番印象に残ってます。ページを開いた時に『なんじゃこのめちゃくちゃ細かく書き込まれた絵は?!』と思いました。怖いマンガかな?あれ?宗教???こええー!ってのが最初の感想なんですが、何というか、これが徐々に惹きこまれてく訳ですよ。まあいわゆる新興宗教の話になるのですが。とにかく主人公がどん底まで悩み落ちたりしてたんですけど、最終回がですね、モーニングの見開きいっぱいに、とても小さく人間を沢山書き込まれた絵が、どーーーーーん!とあった、事を覚えてます。『なんじゃ、これ???』でした。ああいった人間の内面をとことん描いた宗教マンガは無いような気がするな〜!
投稿者:ザキヤマ
昔の洋画を最近よく見返しているのですが、シックスセンスの終わり方はやはり素晴らしいと思いました。意味がわかってからも見返しても面白い。ああいう、上品な仕上がりのミステリー映画は何回見ても面白いですね。アニメもマンガでも、僕が思うのは、最後の場面がどうなるかで、その作品の価値って決まるような気がします(^0^)
投稿者:パンダ野郎
年齢がバレるけどw
海のトリトンの最終回、私は当時全然意味がわからなくて、どういうことか親にも聞いたけどよくわからないという状態でw
でも大きくなって改めて今全貌を知ると、とんでもない作品だったなあと思いましたw
ポセイドンが悪者じゃなかったっけ?
トリトンが悪かったの?
いずれにせよ、子供向けの作品の最終回ではなかったんじゃないかなw
でもだからこそ名作なんだろうなあww
投稿者:あっち向くとホイ
日本のバスケ部の部員を確実に増やしたと思うあの漫画、スラムダンクの最終回に、私はかなり呆然としました。あれだけ山王戦でおそらく日本のマンガ史上最高の試合を繰り広げたにもかかわらず、あっけなく敗退。そしてあの最後…
めちゃくちゃ消化不良です!今でもそうです!でも、あれだけ神がかった試合しても負ける時は負ける。実際そうなんだろうなと思うけど、でも、もう少し花道が活躍する場面見たかった!
投稿者:コルレオ
リアルタイムで見ていた「機動戦士ガンダム」。僕がまだ幼稚園か小学校低学年だったからかもしれませんが、ラスボスをどかーんとやっつけて、わーやったー!!これで平和が訪れますよー!!みたいな終わり方だと思い込んでて、「時がみえるよ...ララア」なフェーズ始まった時にめちゃめちゃ戸惑った記憶があります。
あれは少なくとも中学生から上じゃなきゃ理解が追いつかないと、今でも思ってます。
あと、大人になって改めて見ると、アムロの父ちゃんのテム・レイがとてもヤバイ気質なのと、アムロの一人っ子体質にムカついたり、当時と違う支店で見られるのが面白いです。
AutoPage最新お知らせ