小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かーくん
いまだに合体ロボットの魅力から卒業できてない男、かーくんです。
思い出に残る「卒業」といえば、7年いた会社をやめ、社員寮からでた時ですねぇ。
ボロアパートで一人暮らしを始めたのですが、自分が暮らしに必要なものを何一つ持ってない事に愕然としました。
友達が来たのにコップがなくて、お茶碗にコーラを入れて飲んだりしてました。
10年住んだそこは、おととし取り壊されることになり引っ越しました。
そのアパートを卒業する時は、なんだかすごく寂しかったのを覚えています。
 うちの中学校には、不良が少しだけいた。
 卒業式の日に、ナンバーワンの不良は、仕立て下ろしの裾幅50センチという物凄いズボンを穿いて登場した。「パンツ」じゃなくて、あれはどう見ても「ズボン」だな。
 教師に名前を呼ばれて、そいつがバッサバッサと50センチのズボンの裾を翻して壇上に現れると、卒業式の会場が一瞬どよめいたのを覚えている。
 でも、申し訳ないが、カッコいいというよりも、「殿中でござる」という感じだったんだよなー。

http://ishikawajun.com/
投稿者:ギルバルス
思い出深い…というか、変な意味で忘れられないのが中学校の卒業式。真和志中学出身ですが、卒業式には父親が参加してくれて、それはいいのですが、同級生には式の時に泣いている子とかいたのに、私が泣かなかったのを、式の後で父が「なんでお前は泣かないわけ?」と責めるようにゆったのです。私は特別感慨もなかったので「?、なんで泣かんといかんばあ?変なの」と、そこだけ強烈に覚えています。その父も今は脳溢血で倒れて半身不随…時が経つのは早いものよのう、えいみい殿…(遠い目)。
投稿者:にわ
単位が足りずに留年が決定し、同級生を見送った卒業式が、人生で一番切ない思い出です。
その春からは、一学年下だった学生と同じ儒授業を受けることになったんだけど、たった2コマの授業のために学校に来ているだけじゃ、当然、新しい友達もできるわけがない。
友達がいない状態だと、自分の卒業式もなぜか切ない思いでした。
バイトに明け暮れて留年した自分、本当にバカだったよ。
投稿者:ジャム
ヤッターマンが沖縄でオンエアされないの、私も残念でなりません。
高校の卒業式の日、ちょっと好きだった英語の先生が結婚する事を知り、1年に渡った片思いからも卒業しました。
その先生の結婚相手が、私があまり好きでなかった歴史の先生だったので、ちょっと釈然としなかった。
AutoPage最新お知らせ