小ネタ超特急

FM那覇 78.0MHz 毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00
「小ネタ超特急」パーソナリティー:Amy
Twitterやっています!!
http://twitter.com/konetachotokkyu

 
貴方の心にジンワリと作用する遠赤外線のような番組。マンガ・アニメ・書籍・映画などの話題が中心です。妙齢の妄想淑女Amyがお届けするアレでナニな感じの一時間。毎月、テーマを決めてアンケートを募集しています。アンケートは[アンケート]と題してブログにUPしますのでコメントにご回答を書き込んでください。

「小ネタ超特急」を聴くには
*ラジオ

fm那覇78.0MHzにて毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00生放送(沖縄県那覇市および周辺エリア)
*YouTube Live(ライブ配信)
FM那覇のTOPページ http://www.fmnaha.jp/ でライヴ配信毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 
*Youtube
番組終了後、データが整い次第、FM那覇のチャンネルにアップいたします。
*iTunesなどでのPodcast
下記のRSSのURLをご登録下さい。
http://www.fmnaha.jp/podcasting/28.xml
番組終了後、データが整い次第UPいたします。
*Podcast
オンエア後、放送内容をご紹介するブログUP時にリンクを貼りつけています。
*TwitCasting
PCからは、番組ブログの左上「TwitCasting」をクリック、iPhone、Android携帯の方は無料ビューワー「TwitCasting」をDLしてtyphoonfmをフォローしてください。毎月第ニ水曜日夜7:00〜8:00 生放送

過去ログ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ナオコ夫人
こんばんわ、作者が実写化したキャラクターナオコ夫人です。 
 いやー実写化って、ほんとに難しいですね。
 というわけで、実写化無理だよ。。。な作家、星野之宣の宗像教授伝奇考の実写版を以前みました。
 なにしろあの、2時間ドラマ枠です。
全体的によかったのですが、無理に事件が組み込まれていたかんじが。。。。
 星野之宣作品はぜひ、ハリウッド製作で2001夜物語や、ヤマタイカなど作ってほしい。
 ちなみに諸星大二郎の稗田礼二郎シリーズの映画は未チェックです。
投稿者:レベッカ
おはこんばんちわ。お初におめにかかります
!毎回podcastで楽しく拝聴してます。
私にとってマンガの実写で思い出すのは何と言っても☆月曜ドラマランド☆ですね〜
あの枠はいろんなマンガや小説なども実写化されていたかと記憶しています
中でも意地悪ばあさんは毎回楽しみにしていていました。
私も幼かったので、ばあさんが青島幸男という男性だとは思いもしませんでしたし
逆に原作がマンガ、しかも作者が長谷川町子さんと言う事を知った日には
初期の腹黒そうなサザエさんが浮かんで、やっと合点がいった次第です。
そんな私が今いちばん楽しみなのは松山ケンイチのクラウザーU世ですね〜
投稿者:レベッカ
おはこんばんちわ。お初におめにかかります
!毎回podcastで楽しく拝聴してます。
私にとってマンガの実写で思い出すのは何と言っても☆月曜ドラマランド☆ですね〜
あの枠はいろんなマンガや小説なども実写化されていたかと記憶しています
中でも意地悪ばあさんは毎回楽しみにしていていました。
私も幼かったので、ばあさんが青島幸男という男性だとは思いもしませんでしたし
逆に原作がマンガ、しかも作者が長谷川町子さんと言う事を知った日には
初期の腹黒そうなサザエさんが浮かんで、やっと合点がいった次第です。
そんな私が今いちばん楽しみなのは松山ケンイチのクラウザーU世ですね〜
投稿者:かーくん
えいみーさん、たろーくん、こんばんにゃ!
連続ドラマをレンタルすると最後まで一気に見てしまうので、怖くて借りられない男、かーくんです。

最悪のドラマ化といえばコレ!「八神くんの家庭の事情」です。

このマンガは、「高校生の主人公の母親が、どう見ても妹にしか見えない外見をしている」という設定で、そのために起こるドタバタや、あまりにかわいい母親にあぶない妄想をしてしまう主人公の苦悩を描いたコメディ作品。
エロに目覚めた中学生が考えたような設定ですが、マンガとしてもかなり面白くて、ファンも多い作品でした。

これがドラマ化されるというので楽しみにしていたら、この作品のキモである母親役が「夏木マリ」!?
どうやったら高校生より若く見えるんじゃあ!
その上「母親は実は魔法使い」という設定が追加されており、もはや原作の影も形もありません。
原作者の楠桂(くすのきけい)さんも激怒、ファンの間でも「なかった事」にされた、幻のドラマです。

逆によいドラマ化と思ったのは「のだめカンタービレ」でしたね〜。
原作の雰囲気をだしつつ、うまくテレビドラマにアレンジされてると思いました。

投稿者:チョコレートばかりを
はじめて投稿いたします。よろしくお願いします。

アニメ実写化されて良かったものは「白鳥麗子でございます」です。
鈴木保奈美バージョンも松雪泰子バージョンも、アニメにかなり忠実だったと思います。

松雪泰子と言えば、今度「DMC」の実写化で、社長役で出ますよね。
イメージに合ってそうで、これまた楽しみです。

ちなみに見てみたい実写化は、藤子Aの「魔太郎がくる!」です。
魔太郎役には、フジテレビの福井 謙二アナがぴったりです。
投稿者:きんにくすぐる
書き忘れがありましたので、さっきの投稿に追加します。

実写化され、原作を知る人のほぼ全員から怒りを買った「デビルマン」。
公開から4年。もはや黒歴史というか、なかった事になっていますね。
話題の芸能人や俳優を出しても、ネームバリューだけでは評価されないという事実を端的に表した1つの事件と言えたのかもしれない。
投稿者:きんにくすぐる
初めて投稿します。よろしく。

アニメやマンガを実写化すると、やはりファンは思い入れの強さからどうしても「ここが違う!!!」とか「こんなんじゃない!!!」と思ってしまいます。
自分もそうやって怒ってばっかりだったんだけど、「実写作品は、原作とは[別物]だと考えることにしよう」と決めました。

日本の原作を日本で実写化されても違和感を感じることがあるけど、海外で実写化の場合は、もう笑うしかないタイトルがあったし、これからもあると思う。
原作のファンが、怒りを感じるのはこれからもあり続けるだろうけど、それってストレスになっちゃうから、もう笑い飛ばすか、ブログのネタにでもするかして、怒りを消化させたほうが自分のためなのかもしれません。

ドラゴンボールの実写化に期待したんだけど、配役で亀仙人がチョウ・ユンファらしいと知った時点で、なんかあきらめモードに突入。
もし見に行くとしたら、「笑える映画」として行くと予感。
投稿者:カッシン
ハリウッドでエヴァンゲリオン実写化という話。
あれからかなり時間が経っているが、なんのニュースサイトにも経過が書かれていない...。
そりゃ大変な原作を選んだから、すぐには出来ないと思うけれど、こんなに5年間なんの進展もないってことは...立ち消えしたのかな?
それとも、アニメのほうの演出が斬新だったので、これを越える作品は無理かもと諦めはじめたのでしょうか?
投稿者:ミック
こんにちは。
「ガラスの仮面」の実写ドラマが記憶に残っています。
マヤ役の安達裕美さんは「家なき子」の熱演のせいか、薄幸キャラのイメージが強くて、どっちのドラマ見ているんだか一瞬分からなくなったりしました。
一番何が驚いたって、月影先生がマンガのイメージどおりだったことでしょう。
ナイスキャスティング。
投稿者:藤丸
実写化された「あずみ」。
映画館に観に行きました。
自分はかなり満足したのですが、連れの彼女が「バイオレンス過ぎてキツかった」とブルーになっていました。
原作のほうがもっとキツいけど。

「ゲゲゲの鬼太郎」は弟夫婦と姪っ子と観に行った。
お子様向けと思っていたけど、意外にも楽しかったです。
AutoPage最新お知らせ